男性

セキュリティー重視なら高級賃貸を利用しよう!

家賃の相場を知る

インテリア

初めて違う土地で生活をするなら賃貸マンションなどを探す必要があります。また、その土地の家賃代などを把握しないと準備する資金が分からなくなるので、しっかりと情報を集めましょう。

詳しくはこちら

学生向けのマンション

集合住宅模型

賃貸マンションの気になる家賃は、設備や部屋の数、広さによって異なります。また現在は大学進学などで一人暮らしをする方にも賃貸マンションが利用されており、家賃が安い価格で利用可能な物件も存在します。

詳しくはこちら

情報をゲット

マンションの玄関

賃貸情報を見ていると、フリーレント1ヶ月と記載されて物件がたまにあります。このフリーレントという言葉、聞きなれないという方も多いのですが、フリーレントとは家賃がなく部屋を借りれることを意味しています。例えば、フリーレント1ヶ月とあれば1か月分の家賃が無料になります。通常、部屋を借りる時には敷金と礼金、仲介手数料、火災保険料のほかに前家賃がかかります。フリーレント1ヶ月であれば初期費用の前家賃がいらないことになります。家賃が1ヶ月8万円の賃貸物件であれば、本来かかるであろう初期費用から8万円分安くなることになります。つまり、初期費用があまりかからずに引っ越しできるため借りる側にメリットがあります。

フリーレントの賃貸物件の注意点ですが、たしかに賃貸物件情報をみて1ヶ月分の家賃がタダであればついひかれてしまいます。しかし、よく確認しなければならないのは契約内容になります。フリーレント物件で最初は、初期費用が安くても退去時にハウスクリーニング代がかかるといったケースがあります。これなら通常の契約の方が敷金で原状回復に費用が使われて、さらに余ったお金は返還される可能性があるのでトータルで考えると通常の賃貸契約のほうがお得ということもあります。また、フリーレントも1か月間ではなく3か月間という物件もあります。しかし、一定の期間内の解約となると違約金が発生するケースもありますので契約内容はよく確認します。

賃貸情報が得られるものの中には、高級賃貸のことも扱っているところもあります。このようなところの場合は、通常の物件と比べて高値で取引されることが多いですが、設備が充実している可能性が高いので高級賃貸をあえて選ぶ人もいるのです。

昔と今は感覚が違う

室内

昔は、賃貸マンションをお金持ちが住む家として見られていました。最近では、賃貸マンションよりも高層マンションのほうが高いイメージがついてしまった為にごく普通となってきました。

詳しくはこちら